子供たちの未来を育む|疲れを癒すアロマの香り|資格なしで職につけるセラピスト

疲れを癒すアロマの香り|資格なしで職につけるセラピスト

子供たちの未来を育む

子供たちとレディ

まずは専門知識を学ぼう

保育士は今、求められている職業です。子供が大好きな人、社会に貢献したい人は目指してみるといいでしょう。保育士は、子供の保育だけではなく、育児と家事、そして仕事で悩む母親を支える役目や保育情報の提供など重要な仕事も担っています。どんな状況にも対応できる専門知識が必要となる職業と言えるでしょう。さて、保育士になるにはどんな学校を選べばいいのでしょうか。保育士を目指すには3つの道があります。まずは専門学校の保育科です。専門学校によっては働きながら保育の勉強ができる夜間コースもあります。保育士と幼稚園教諭2種の国家資格を目指して学びます。ほとんどが2年で卒業になりますので、少しでも早く保育士として働きたい人は専門学校で学んだ方がメリットが高いでしょう。保育士としての実績も長く積むことも出来ます。

子供たちと向き合って

続いては短大の幼児教育科などに進む道です。短大も保育士と幼稚園教諭2種の国家資格の取得を目指します。2年制と3年制と二通りあります。じっくりと専門知識を学びたい人は3年制がいいかもしれません。最後は4年制大学の教育を専門とする学部へ進む本格的な道です。さすが4年間も学ぶだけあって取得出来る資格もたくさんあります。保育士、幼稚園教諭1種、学芸員、児童指導員任用資格など、大学によって多少の違いはあるかもしれませんが幼稚園教諭としては、万全の専門知識が得られそうです。いずれにしても、大切なのは子供たちにとってよい先生であることです。頭でっかちにならないよう、現場で真剣に子供たちと向き合うことが大切になります。笑顔が弾ける保育園、幼稚園になるようにしっかり学びましょう。